21世紀のインテリジェンス

役立つ情報をお届けしています。

*

好印象を与える話し方について

   


スポンサードリンク

ビジネスシーンでは悪い印象を与えるより
好印象を与えたほうが何かと後につながるのは
わかりますよね。好印象を与えるには日頃から
話し方について意識する必要があります。

 

好印象を与える話し方ですが、まず、
声は明るくはっきりと発することです。
最近の若いビジネスマンは、声が口の中に
こもってしまっている傾向にあり、
声の大きさが十分ではありません。

 

はっきりした声を出すには、背筋を伸ばして口を
よく開いて話す必要があります。
声の大きさは、相手に聞こえるぐらいの声量は絶対に必要です。

 

相手に聞こえなければ、それはただの独り言に過ぎません。
基本的に声は普段より少し大きめの声を
意識して出すくらいでちょうどいいでしょう。

 

明るい声を意識して出すコツは、声をつくるより
顔の表情をつくることを意識することです。
笑顔からは笑声が出ます。表情が明るければ、
自然と明るい声が出てきますからね。

 

また好印象を与える話し方をするには、
否定形の言葉は肯定形に直すことです。
否定形というのは、できません、ありません、
いません、知りませんなどの言葉で、
こうした言葉は相手を拒絶する印象が強いので、
使わないことです。

 

できませんという表現をするなら、○○ならできます、
という風に置き換えます。こうした言い方を心がけていると、
同じ否定でも相手に与える印象が柔らかくなりますので
日頃から心がけてみましょう。

スポンサードリンク

 - 会話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

人に好かれる話し方

人に好かれる話し方で忘れてはならないのは、相手の身になることで、
相手を思いやる心を持って話すことが何より大切です。

俺コスとはどんな意味なのか

スポンサードリンク 「俺コス」という言葉を聞くようになりましたが、「俺コスって何 …

話し方検定とは

話し方検定というのは、あまり聞き慣れないものだと思いますが、
これは正式には、プレゼン話し方検定というもので、
それを略したのが話し方検定ということです。

説得力のある話し方とは

説得力のある話し方は、短く話しをすることに尽きます。
話の長い人がよくいますが、そうした人は、グダグダと話を長く続けます。

あがらない話し方

人前で話すことに慣れていないとあがってしまうものです。
私も以前は人前で話すとあがってしまって
上手く話すことができませんでした。

面白い話し方とは

話し上手なだけでなく、面白い話し方ができるようになれば人気者になれます。
面白い話し方をする人と一緒にいると、楽しいものです。