21世紀のインテリジェンス

役立つ情報をお届けしています。

*

アトピーは遺伝するの?予防するにはどうすれば良いのか

   


スポンサードリンク

アトピーは遺伝するのか?ご自身がアトピーの場合、または相方がアトピーの場合子供にアトピーが遺伝するのか気になりますよね。

アトピーが遺伝するのかどうか、そして遺伝するのであればその予防はどのようにすれば良いのかについてご紹介します。

アトピーの遺伝について

お医者さんの間ではアトピーは遺伝する確率が高いというのが常識のようです。アトピーはアレルギーの一種ですのでアレルギーは遺伝しやすいということからアトピーは遺伝しやすいとされているのでしょう。

もちろん必ず遺伝するわけではないと思いますが、アレルギー因子としてアトピーが遺伝する確率は高いと思っておいたほうがいいでしょう。

ちなみに私(男)はアトピーですが、子供が二人いますが今のところアトピー症状は発症していませんので今のところは安心していますがこの先どうなるかはわかりませんからね。

アトピーの遺伝を予防するには?

アトピー因子の遺伝自体を予防することは現時点では不可能だと思います。それこそDNA操作でもしない限り無理じゃないでしょうか。でもアトピーが遺伝したとしても発症しないように予防しておけばアトピーが遺伝したとしても発症せずに過ごすことが出来ます。

アトピー性皮膚炎を発症させる大きな要因の一つしては食事があります。アトピー性皮膚炎患者が増えたのは高度経済成長期以降ですがアトピーが増えた原因は食生活が大きく変わったからです。高度経済成長期以前にはアトピー患者はあまりいなかったわけですからね。

で食事の中でもアトピーを発症させるものとして気をつけないといけないのが食品添加物と化学調味料です。こういったものにはかなりやばいものが含まれているんだそうです。

高度経済成長期以降の食品に食品添加物や化学調味料が大量に使われるようになったことを見ればこれらが原因であることは一目瞭然ですよね。

食品添加物や化学調味料を摂り続けるとアトピー発症の確率を高めてしまいますので、妊婦さんや生まれてきた赤ちゃんには出来るだけこうしたものが含まれていないものを食べるようにすることが大切です。

まとめ

アトピーは必ず遺伝するわけではありませんが遺伝する確率は高いと言われています。
なぜならアレルギーは遺伝しやすくアトピーはアレルギーの一種だからです。

ですからあなたがアトピーであるならば、生まれてくる子供のアトピーを予防することを考えましょう。そのために大切なのが食事であり日頃から食品添加物や化学調味料の摂取は控えるようにしましょう。

具体的な予防策は専門のお医者さんに相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

インフルエンザ予防接種を受ける時期はいつが良いのか

スポンサードリンク 多くの病院で10月1日からインフルエンザ予防接種が始まります …

二日酔い解消法ははちみつグレープフルーツジュースが一番

スポンサードリンク 私が二日酔いになった時に二日酔いを解消するために飲むものはは …

インフルエンザの対処のポイント 子供がインフルエンザに感染したら

スポンサードリンク 「子供が突然の高熱でフラフラに!インフルエンザかも」といった …

インフルエンザ予防接種2014-2015の料金について

スポンサードリンク 2014-2015年度のインフルエンザ予防接種が平成26年1 …

二日酔い解消は味噌汁とご飯

スポンサードリンク 二日酔いだなあの朝は味噌汁を飲みます。作るのはしんどいので、 …

口臭の原因

口臭予防をしていく前に、始めのうちは口臭の原因となるものを
かんがえていきたいと思っております。口のにおい予防を毎日おこなっていれば、
口のにおいで迷惑をかけることはないでしょうが、
口臭の根本的な原因を明確にしておかなけれね、
一向に口臭が改善されてないということです。

子供のインフルエンザ検査の時間ってどれくらい掛かるのか

スポンサードリンク 冬になるとインフルエンザの流行の季節になりますね。子供をお持 …

腕のぶつぶつを治すには

ここ最近で腕にできるぶつぶつで悩んでいる方が
急増しているそうです。
ぶつぶつだけでも気がかりなのに、かゆみを伴ったり、他の箇所の皮膚にも
ぶつぶつができるといった場合もあるそうです。

AIHの成功率はどのくらいなのか?

スポンサードリンク AIH(人工授精)を検討されているのであれば、AIHの成功率 …

てんかん治療について

最近ではてんかんの持病を持つ男性が
運転するクレーン車事故により、小学生6名が
死亡するという痛ましい事故がありました。